優しさと罪と

8/33
687人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
なのに桐生がどれほど私を 思ってくれていても その気持ちを受け入れる訳には 行かないんだ。 澤木さんが一生懸命私の背中を 押してくれてるのは 分かっているけれど…。 そんな簡単に気持ちは 入れ替えられない。 小さくため息を吐き出して パソコン画面をぼんやりと 見つめていると、 ようやく桐生が隣のデスクに 戻って来た。
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!