運命の夜

3/34
708人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
この業界No.2企業の 社長令嬢でありながら 秘書で働きたいなんて ある意味、変わった女。 小さい頃は一緒に 遊んだりもしたけれど、 彼女と俺の間に恋愛感情なんて 全くないし、社内で会話する時は 決して馴れ合いの言葉は 使わない。 ただ親同士が俺達の結婚を もう随分前から 願っていると言う事に お互い困っているのだけれど。 「…なんなら川田さんも行きますか?」 「えっ?」
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!