第九章:別れの疑似体験

1/34
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ

第九章:別れの疑似体験

    『さよなら』  「さよなら。   もう、…終わりだね」  いつか来るはずの別れ  来なければいいと  願っていたのに    刹那の想いに とらわれて    永遠の別れを 受け入れる  「終わりになんて、しないで」  声の限りに叫んでも  きっと あなたには届かない     決意は日々 揺れ動いて     弱い心を思い知らされる   唇が触れた瞬間   何もかも すべて忘れて   あなたを想う心だけ   残せたら いいのに       第九章        別れの疑似体験
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!