21

7/9
2508人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ
父と兄を見据えて、恐怖心を打ち消すように口を開いた。 「…ずっと、お母さんと私の存在を無視してきたのは、お父さんとお兄ちゃんじゃない。」 「親に向かってその口のききかたは何だ?」 声を張り上げられても、怯むわけにはいかない。 今まで言えずにいた本当の気持ちなのだから。 「父親として、私に愛情をかけてくれたことなんて一度もなかった。 夫として、お母さんを愛していたとも思えなかった。 私たちはお父さんとお兄ちゃんの道具に過ぎない。 会社が危ないから私を要に売り渡したくせに、入籍したことの何がいけないの? お兄ちゃんだって、卒業式のパーティで早く結婚しろって言ってたじゃない。 今更そのことで私のことはともかく、要を責めるようなことは言わないで!」 怒りなのか悲しみなのか、それとも両方なのか、涙が溢れ出した。 .
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!