第五章 真実

14/40
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/354ページ
その日、夜遅くに政典と誠二は帰って行った。 その夜は再び冷え込み、雪がちらついていた。 義秋は誰もいない大浴場で、曇るガラスの向こうを見つめていた。 「おう、ヨシア…」 後から入って来た光生が義秋を見つけて名前を呼んだ。 「お前もまだだったのか…」 自分の横まで来た光生に言った。 「ああ。ちょっと酔ってたんでな…。横になってた」 光生も同じ様に窓の外を見つめた。 窓の外でちらつく雪を二人で見ていた。 「お前、そう言えば結婚は…」 義秋は光生に聞く。 光生はお湯をすくって顔を洗っていた。 「ああ…一度したが、別れた。ほら、医者になるの遅かったしな。金が無くてよ。嫁はそれに耐えきれずに出て行ったよ。幸い子供がいなかったから、今じゃ金持ちの開業医と再婚したらしいよ」 外を見たまま光生は言った。 「お前は…」 光生は義秋を見た。 義秋はその光生から視線を逸らして外を見た。 「俺は完全に婚期を逃したな…。こんな仕事してると、家庭があっても家には帰れない事が日常だ。時には海外に何カ月も行く事だってある。ホテルやこんな旅館に泊れるならまだマシだ。車の中に何週間も寝泊まりする事もあるしな…」 義秋も顔を洗った。 それを見て光生は微笑んだ。 「フリーライターって、格好良いだけの仕事じゃないんだな…」 「当たり前だ。ライターが格好良いなんて一度も思った事無いよ…」 義秋と光生は顔を見合わせて笑った。 「しかし、久しぶりにこうやって顔を見て、話して…楽しかったよ…」 光生は大浴場の天井を見上げた。 義秋は小さく頷いた。 「ヨシア…」 光生の表情が変わった。
/354ページ

最初のコメントを投稿しよう!