第1話

枯渇寸前の藤子の前に現れたのは「今の君では押し倒す気分にもならない」感じワル男。

睦月もえりーぬ

恋愛 完結
3時間9分 (112,817文字)

1,230 2,273

あらすじ

本業は老舗ホテル。副業はラウンジで夜の蝶として働く藤子は刺激の無さを感じる毎日。家に帰ればペットの亀に愚痴。男女関係は身体だけの付き合いをダラダラと続けてる。そんな時に夜の店で感じのワルい男、薫に会う

シリーズタグ

感想・レビュー 1

気になる子には、ついいじわるしたくなっちゃうんですよね(*^_^*) そして、それに反応を返してくれるから、またいじめちゃう。 男ってのはそうなんでしょうね。 女は言葉にしてくれないとダメんですよね。
ネタバレあり
4件

この作者の作品

もっと見る