6

8/12
2649人が本棚に入れています
本棚に追加
/300ページ
四谷は興味を失ったらしく、それ以上訊いてはこなかった。 直後に現国の先生がやってきたので、僕もその会話について考えるのをやめた。 だるいと言っていた四谷だったが、この時間は寝ることなく、最後まできちんと起きていた。よって、僕が彼に話しかけることもなかった。
/300ページ

最初のコメントを投稿しよう!