桜の季節に

6/11
90人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
数年振りに見たその桜は、記憶と違わずそれは見事に咲き乱れていて。 黙って俺に付き合ってくれた真司と二人。 ただひたすら、風に舞い踊る花弁を眺めていた。 隣の真司が、くすりと笑う。 「………………何だよ?」 「いや。広田、恭平に会いたいって顔をしてるから」 「……………………まあ」 会いたいかと言われれば、答えはイエスだ。会いたいに決まってる。 別れ際に見た、いつもは白く綺麗な首筋が、桜色に染まるその姿に。 手を伸ばしたくて、必死に自分を抑えこんだんだ。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!