第7話

31/32
411人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ
  自分が愚か過ぎて、笑ってしまいそうになる。 「この部屋を出たら、彩夏に見付からないように帰ってくれ」 「……」 ああ、本当に。なんて愚かなのだろう。 この期に及んでもわたしは、まだ陸を視線だけで引きとめようとしている。 「もう二度とこんなマネはするな。迷惑だ」 それを断ち切るような陸の言葉。 わかってる。 二度は無い。 だったら、最後に言わせて欲しい。
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!