裏側の悪意-2

10/22
1116人が本棚に入れています
本棚に追加
/22
「いえ……何も」 何もないから、拗ねている。 いや、通り越して不安。 「だったら何も問題ないんじゃないの?」 美佳が隣で不思議そうに首を傾げた。 そのことで私も一瞬理解が遅れて首を傾げる。 「あの同級生から、特に何も接触ないんでしょ?」 そう言われて、ああ、と認識違いを理解する。 確かに、そちらは何もなく……夕方に非通知は入るけど異常に多いだとか、そういう不安要素もない。 「うん、宮城くんからはなんもない……けど」
/22

最初のコメントを投稿しよう!