最終章・殺してやる!

35/52
780人が本棚に入れています
本棚に追加
/381ページ
  「でも……」にぎりしめたこぶしは震えていた。「相手は人間ですよ。グランブじゃないんですよ。同じ人間を殺すなんて、オレには――」 「ふざけるな」お師匠さまが声を荒げる。「死んでも殺してやるんじゃなかったのか。きみの怒り、憎しみはその程度のものだったのか。その子がどんな気持ちで死んでいったのか、どれほど無念だったのか、考えてみろ。もっと生きたかったはずだ。死にたくなんかなかったはずだ。こいつさえ現れなければ、誰も死なずにすんだんだ。それともきみはこいつを許し、すべてをなかったことにするのか」 「わかってます! わかってますよ!」オレは自分自身にいい聞かせるように叫んだ。「こいつを許すことなんかできない、頭ではわかっているんです。でも、殺すなんてできない!」
/381ページ

最初のコメントを投稿しよう!