現在 -再会-

5/10
1030人が本棚に入れています
本棚に追加
/207ページ
ん? 意味がわからず俺は修二を見上げると、 「いや、12年ぶりってことはさ、干支が一回りしたなって。」 「あぁ。」 そんなにたっていたなんて、正直自分でも驚いているくらいだ。 「昴、何線?」 「俺丸の内。」 「あ、俺も。」 路線は一緒でも、駅は違い、職場も違っていた。 「同じ都内なのにな。」 そう笑う修二に、 「なのになんだよ?」 とは聞けず、緩やかに笑い、改札を入った。 『次は~・・』 先に修二の駅についた。 修二は、駅名を告げるアナウンスを耳にし、降りる準備を始める。 そして、ふと、俺を見て、名刺を出してきた。 「え・・?」 戸惑う俺の胸ポケットにその名刺を入れ、 「なぁ、もう一回、友達からやり直さねえ? やり直す気あんなら、そこにメールして。」 そう言って、胸ポケットをパンと叩き、電車を降りていった。
/207ページ

最初のコメントを投稿しよう!