action 15

15/35
6342人が本棚に入れています
本棚に追加
/651ページ
酷い奴だと言うけど、矢野さんにとってその人はとても大事な方だったのだと思う。 そうでなければ、あんな寂しそうな顔はしないはず。 「辞めてしまわれたのは、とても残念ですね」 私がそう言うと、矢野さんはにっこりと微笑み返した。 「ええ。それが彼の望むParttenza【パルテェンツァ】でしたから、致し方ないとあきらめました」 「彼の望むParttenza【パルテェンツァ】・・・・・・ですか?」 「ええ、そうです」 と穏やかな表情で微笑んだ矢野さんを見て、やっぱり矢野さんはその人に対して特別な思いを抱いていたんだなって思った。 だったら何故、その人は辞めてしまったのだろう。 その人の望むParttenza【パルテェンツァ】は何だったのだろうって、疑問を抱いてしまったけど、その疑問はすぐに消える。 何故なら矢野さんが 「・・・・・・始まり」 と言ったからだった。
/651ページ

最初のコメントを投稿しよう!