10/11
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/165ページ
 着替えが終わり、座布団に座った幼女は、落ち着いたせいか、こくりこくりと睡魔に襲われ、船を漕ぎ始めていた。 「ちょっと疲れちゃった? もうお休みする?」 「んー……」  いやいや、と、目をこすって睡魔を追い払おうとする。しかし珍しく早起きした日だったこともあり、敗色濃厚だった。 「ツグミともっと……お話したい……」  言いながら既に胡乱な声色に、赤い髪の娘が温かく笑う。子供用の布団を出そうと立ち上がっていた。  娘が寝床を用意しようとしてくれていると、それはすぐにわかった。 「ねぇ、ツグミ……」 「?」 「ツグミと……一緒に、寝ていい……?」  着物の裾をもう一度掴む。眠気で潤んだ目で見上げるのは、正直なところ、普通に心細いからだった。 「いいよ? ちょっと待ってね」  二つ返事で微笑んだ赤い髪の娘は、自身が使う寝具を出し、一緒にそこに横たわってくれた。  知らない御所で、優しい娘。僅かな不安はすぐに、柔らかな掛物に包まれていった。 「……あったかい」  見守るように横向きでいる娘の前で、安らぎがこみ上げてくる。 「でも……うたないでね……」 「?」  むにゃむにゃと寝言のように、最後にそれだけ口にする。以前にこの娘に会った時の、その記憶だけが赤い天使の中にあった。それももう怖がることはない。  最早天使ではない人間の幼女は、すぐに眠りに落ちていった。  灰色の猫のぬいぐるみを抱えたまま、眠りに落ちた瑠璃色の髪の幼女の寝顔に、赤い髪の娘が微笑みながら息をついた。 「本当に、ラピにそっくり」  束ねたままだった髪の黒いリボンをほどき、ひとまずぬいぐるみに巻き付けてくれる。 「ラピがジパングに来た頃も、これくらいだったかな?」  その頃はこの、無表情でも穏やかな子供より、はっきり棘を持っていた危うげな友達。それを思い出してか、懐かしそうに微笑む。  一時期生活を共にした少年や、幼い頃からの友達が最近どうしているのか、赤い髪の娘はあまり聞けていない。 「猫羽ちゃんが起きたら……」  だから娘も子供に、色々話を聞きたいと思っていたようだが、 「……起きたら、何だっけ?」  あれ、と。不意に途切れてしまった言葉に、自身で目を丸くする。 「…………」  そうした様子を、その寝所から中庭を挟んで対面に位置する場所で、縁側から見つめる者の姿があった。 「……大丈夫なのかな……」  瑠璃色の髪の子供と外見は年が近い黒髪の子供。名立たる術師の公家の次男である、天才と呼ばれた術師の子供が、物憂げに佇んでいたのだった。
/165ページ

最初のコメントを投稿しよう!