恋のキューピッドになれる気がしない

22/26
255人が本棚に入れています
本棚に追加
/244ページ
「と…友達…? そうか…友達か…!」 何だかビックリしたような顔のレオだったけど、納得がいったのか、うんうん。と一人頷いている。 あれ?何か話逸れたような気が… 何の話してたっけ…? 「あ!そうだ!そんな事より、長老さん! 薬は出来たんですか?」 もう三日も経ってるなら、私の血から作るって言ってた、この里に蔓延してる病気の薬も出来てるかもしれない。 「あぁ、その事なんじゃがな、神子様… 実は全く出来ておらんのじゃ。」 「何で!?早く作らないと、里の人が…!」 「それがですな…薬を作る為の水が、無いのですじゃ。」 「水が無い?」 あれ…そういや、何か…忘れてる気が… 「いや、あるにはあるんじゃが、濁りが酷くてのぅ、とても薬に使用出来るようなものじゃ無いんですじゃ。」 「ベリリウム湖ぉー!!」 行くの忘れてた!!
/244ページ

最初のコメントを投稿しよう!