Sacrifice

いつか、僕の手が僕を──迷い子達の群像物語

城間遙子

SF 完結 過激表現
2時間50分 (101,563文字)

29 3,793

あらすじ

閲覧数800突破、スター累計3400突破! ありがとうございます……! 仮想未来、マザーコンピュータの暴走により滅びた国家のなかで、とざされた楽園に生きる若者がいた。 5人は迷い、選び、悔い、ふれ

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 4

元々こういうディストピアSFやBLは好きで読み進めたが 一見非人間的に思えるハードなSF設定も 密閉空間ゆえの濃厚な┌(┌^o^)┐人間関係 女性作家の強みと言える透明感有る繊細な心理描写が 上手く調
ネタバレあり
1件1件
はじめまして!サークルからきました!凄く文章作りが上手いですね────この線を引っ張る手法とかどこで学ぶんですか?会話の文面もキャラクターの心情が手に取るように感じ取れました!凄くレベルのたかさが伝わ
ネタバレあり
1件
執筆お疲れ様です(^_^) BLと聞くと少し嫌悪感?を抱く私ですが、そのような気持ちにはなりませんでした。 SFと作者様も銘打っているように、甘酸っぱさを前面に無理くり押し出すことがない点が、読書に耐
もっと見る

この作者の作品

もっと見る