ねえ。それでも……

34/34
924人が本棚に入れています
本棚に追加
/34
彼の優しさが…… 心地良かった。 こんな私でも、 こんな風に扱ってくれて、 こんな風に優しくしてくれる。 こんな風に…… 想ってくれる。 私は小さなため息をついた。 もう…… 終わりにしても、いいのかもしれない…… これが…… いいきっかけなのかもしれない。 「ひどいな。目の前でそんなため息ついて……」 本気でふてくされる課長を見て、笑みが零れる。 「すみません。課長……もう一杯、いただいてもいいですか?今夜は……少し、酔いたい気分です」 私の言葉に課長は一瞬動きを止めた。 「……ん、わかった」 課長が店員を呼ぶと、 私のバッグから 携帯の小さな振動が耳をかすめた。
/34

最初のコメントを投稿しよう!