『惑星葬』

死出の旅路は──色鮮やかに

いちた

SF 完結
8分 (4,647文字)

10 82

あらすじ

2015年春 S-1参加作品 服部一太vs大友青/_crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5MDkyNiNZX2xXivaSlDgsKPTTJ8TI1 実在の曲をテーマに

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 7

訳ありの主人公の雰囲気が良い感じです。 壮大な物語は、SFの醍醐味を与えてくれます。 惑星を丸ごとイベントで使うなんて、これほどの贅沢が他にあるでしょうか?
ネタバレあり
1件2件
壮大でどこか懐かしいスぺオペの香りのする作品です。 技術の発達と共に変わるものと変わらない人間の本質。 大切な相手を送り出す儀式は旅立ったもののためではなく、残されたもののためという部分が大きいので
ネタバレあり
2件
 この歌のイメージから、このスケールの発想がされるところが凄いです!  そして、歌を聞きながら、お話を読むと、そのまま、このお話のエンディングに流れているような気持になれました。  素敵なお話をあり
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る