*海翔のライバル*

18/19
1320人が本棚に入れています
本棚に追加
/58
私と海翔がそんなやりとりをしていると、 飛び起きてしまったミルクが不思議そうに、 こちらの様子をジッとうかがうようにして見つめてくるから、 ミルクを抱き上げて膝の上に乗せて、 「ミルク、ここにね、赤ちゃんが居るんだよ」 ミルクの顔を見つめながら話しかけていると、 ソファーに深く座ってた海翔がゆっくりと起き上がってきた。 そして、 ゆっくりと私の肩越しにミルクを覗きこんできて、 「俺と芽依にとって、ミルクの次に大事なもんができたんだぞ?」 さっきと変らず、 とっても楽しそうに笑みを零しながら、 まるでミルクに説明するように、 そう言い聞かせる海翔を見ていると、 ジンと胸の奥が熱くなってきた。 海翔に出逢う前までは、 こんな日が来るなんて想像もできなかったのに……。 私は、 ミルクに言い聞かせるようにして喋り続ける海翔の腕の中で、 そっと静かに、 この幸せを噛み締めていた。
/58

最初のコメントを投稿しよう!