23

14/14
1832人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ
「いろいろあったけど、長く夫婦でいたからね。 私もあの人もいい歳になってしまったし、これからまた新たな相手を見つけてとは、なかなか考えられないのよ。」 「……お母さんの気持ちは、どうなるの?」 前に親の…家のために結婚したと言っていた。 それはつまり、父を愛しているわけではないということ。 「始まりは気持ちも何もなかったけど、これから始めてもいいかな、って。 お父さんのお陰で、会社が救われたのは事実だし、こういう状況になったからって、見捨てたりはできないでしょ。」 「恩を返すってこと? でもそれはっ…」 「過ぎてしまったことだから。 あの人も今ならわかったと思うから、一緒に実家に戻って父さんに償いたいんでしょう。」 優しく目を細める母を見ると、別に自分の人生を諦めたわけではないようで。 その様子に少しだけ安堵した。 .
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!