嫉妬

19/45
8594人が本棚に入れています
本棚に追加
/376ページ
けれどそれはすぐに断らなかったあたしも悪かったから、そんなに気にしてはいない。 といっても訳もわからず怒鳴られたときは悲しくて泣いてしまったけれど。 「あれは気にしてないよ」 「ほんとかよ?」 「え」 「玲夢はすぐに胸ん中に溜めて我慢するから」 確かにそういうことが多いけれど、今回は本当に大丈夫。 「晴希さんの気持ちもわかるから」 「ん?」 「あたしが晴希さんだったら、こんなあたし嫌だもん。怒りたくなる。だから本当に気にしてないよ。 それより、あたしの方こそごめんなさい。次もし誘われたらすぐに断るから」 あたしがそう言うと、晴希さんははーっと息を吐きながらあたしの胸に顔を埋めた。 「晴希さん?」
/376ページ

最初のコメントを投稿しよう!