花蓮パパ、会社の本部長になる

8/12
732人が本棚に入れています
本棚に追加
/580ページ
「先程、有紗から娘2人とホテルで昼食をとったそうなんです。この写真送られて、娘はあなたが好きみたいで」 そこに送られていたのは、花蓮が玲子のポスターの前でにっこり笑っている写真であった 「まぁ、可愛らしい。やっぱり有紗ちゃんには敵わないわ。本当にそれでよくって?」 「はい。今、書類を持ってきますので…」 部下に指示をして書類を待っていた 「今日、幼稚園を休ませたのね」 「娘が行きたくないと言っていたので、有紗がご飯を食べに行こうと朝言っていました」 「あなたも行きたかったでしょ?」 「私は彼女たちを養うために働かないといけませんので」 照れているが玲子はわかっていた 「有紗ちゃんのこと愛しているのね」 そのあと耳を赤らめた本部長が物語っていた 「孫のことはどうにかするわ。あなたも家族を大切にね」 書類にサインをして奥田玲子は帰っていった
/580ページ

最初のコメントを投稿しよう!