キミのすべてが嘘だとしても

大人までは少し遠い、高校生の恋と切ないファンタジー

北川双葉

恋愛 完結
4時間0分 (143,496文字)

251 1,996

あらすじ

いつでも友達に囲まれていて 毎日楽しそうに過ごし キスの相手は見るたびに違う 同級生の七瀬くんは、苦手―― 黒髪ストレートの真面目な学級委員長=仁科ひまり 学校のアイドルで遊び人の同級生=七瀬伊

感想・レビュー 9

ん?

読み終わり、「ん?」となりました。 ライバルが実は実在してない? 彼はどんな思いで戻ってきたの?それとも、初恋が中途半端になってることにこだわった彼女が呼んだ? でも、結果としてちゃんと「居ない」こと
ネタバレあり
(応援)甘酸っぱい思い出であっても、苦い思い出であっても、学生時代の初恋や恋愛は多分大人になっても心の中に残るでしょう。 だけど、この作品ほどの切ない恋はなかなかできないのではないでしょうか? 「君だ
ネタバレあり
2件8件
双葉さん☆ やっと全編読ませて頂くことができました! 結局、杏太は再会した時にはもう、この世の人ではなかったんでしょうか?頭が悪い私は、時系列が上手くつかめなくてすみません…。 だとすると、不思議な
1件6件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る