散歩の途中
全1/5エピソード・完結
1/5

散歩の途中

長く生きるということは 幸せなこと でも長く生きる ことによって さまざまな苦悩を 抱え込むことも 確かなこと 人は誰でも 心の底に何がしかの 傷や闇を 抱えているのだろう うたの心の中には 数えきれないほどの スクリーンがある その画面に 無数の景色が まったく整理されず いずれも 鮮明な記憶として 残されている うたは時に その中の一枚の 光景を取り出し 時間をさかのぼって 鮮やかな舞台を眺める…… 「あっ、昨日、うたくんが夢に出てきた」 ふと彼女が言った 「どんな夢?」 「どんな夢だったかな」 「楽しい夢?」 「ふふっ」 「気になるじゃないか」 大好きな彼女の 夢に出てきたって 言われるととてもうれしい (たとえ、いつもの おっちょこちょいでもね) (彼女の意識の中に いるっていうことだから) 時は流れゆく 過ぎ行くままに 身をまかせるほかはない 若いころ、時は豊富だ 経験することの 新しさからか 一年は、ずいぶん長く 感じられる だが時は人の感じかたに 関わらず流れていく…… 空が青いと言っては ひと休み 海がきれいと言っては ひと休み 今、私たち 二人、仲良く散歩の途中…… image=493906425.jpg
1/5

最初のコメントを投稿しよう!