友藤は、無口な奴だった。

3/8
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ
 最終列車は、どういうわけか混んでいた。  電車に乗った瞬間、俺はその人の多さに目を見張る。  始発駅から3つ目のこの駅から、何度も最終列車に乗っていたけれど、こんなに人が乗っているのを見たのは、初めてだった。  これから三十分乗っている間、ずっと立っていなきゃいけないのか、と思うと少し気が重かった。 「何か、あったのかな?」  俺はそう呟きながら、とりあえず乗車口の近くに立った。  と、その時だった。 「大田(おおた)」
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!