再会は予告なく

15/19
855人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
嗚呼。 なんでこうなるんだろう。 この人と話すと、肝心なことを忘れていつも突っかかってしまう。 彼が何を覚えているのか、ちゃんと聞くつもりだったのに。 『帰る』と言った手前、留まるわけにもいかず踵を返そうとしたけれど、彼がめんどくさそうに溜息をつきながら、本題を切り出した。 「酒飲みだしたところから、記憶が飛び飛びで殆ど覚えてねぇ」 そのセリフを聞いて、やっぱりな、と納得して。 何故か少し、胸が痛む。 この痛みの理由を、今は考えたくはない。 「初っ端から殆ど覚えてないってことね」 「起きたら自分の家で一人で寝てた」 「私の方こそ聞きたかったんだけど。ワインの営業のくせにあんなにアルコールに弱くて大丈夫なの」
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!