俺の名前を呼んでくれ。-2

6/31
627人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
煙草を口に咥えると、やっぱり家族の人の目が気になってちらりと目を走らせたがちょうど今は誰もいない。 藤井さんの手の中でカチカチと数度音が鳴るけれど、今度は中々火が付く気配がない。 「ガス切れ?」 「いや。少し、風が邪魔」 言いながら、ライターを手で覆っているが火石の音が聞こえるばかりだった。 いつまでも火のついてない煙草を咥えているのもなんだか間抜けだ。 諦めて手に取ろうとした時、藤井さんが灰皿の横にライターを転がした。 「恵美」 名前を呼ばれて、煙草を咥えたまま顔を上げる。 同時に伸びてきた手に首を固定され、藤井さんが火のついた煙草の先端を私の煙草の先にくっつけた。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!