ターミナル 1

旅立つ前に、思い出して。

165 69

17分 (9,675文字)

あらすじ

ーー目の前の景色に私は言葉を失った。 目が覚めると不思議な駅に迷い込んでいた中年サラリーマン。 ーー「お困りですか?」 誰もいない駅を見守る駅員の青年。 何故、自分はこんな所にいるのか。

この作品に含まれるキーワード

タグは登録されていません

シリーズタグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 2

いつの間にか涙が零れてました。
本編は13ページと、短編ではあるのですが。 短編だからこそ、ギュッと凝縮された気持ちがよくこもっていると思えました。 特に、身近な方を亡くされた経験がある人ほど。 この主人公の気持ちが心にとても響

その他情報

公開日 2015/8/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る