19

36/38
127人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
『彩星、早く乗って。』 先に左側のシートに身を預けた冬也が、開いたままのドアの前で止まっている私に声を掛けた。 『冬也、今日は先約があるから…本当にごめんなさい。』 『……分かった。今日は突然だったからね、俺の方こそごめん。 彩星の都合、教えてね。それじゃ、また。』 車高の低い冬也の車が、ゆっくりとウインカーを出しながら車道に出て去っていく。 部長、先に帰っちゃったかなぁ。 徐にバッグの中から携帯を取り出して、着信履歴から部長を選ぶ。 『彩星。今どこ?』 呼出音が鳴る前に繋がった電話の向こうからは、穏やかで優しい大好きな声。 『まだ、会社の前です。』 『……見つけた。』 部長の声と同時に、後ろから腰に回された手で引き寄せられて。 『ちゃんと断ったんだね。偉いじゃん。』 隣に現れた部長は、電話を繋げたまま話す。 『あ、当たり前ですっ!』 私もそのまま電話で言い返すけど、部長の得意気な表情はこれっぽっちも崩れなくて。 『帰ったら、さっきの続き、しようか。』 急にトーンを落とした声が、左耳に当てた携帯から聞こえてきて。 右耳には、吐息がかかる距離で部長が囁く。 現実と目に見えない空間から聞こえるその甘い声が、非常階段で味わった感覚を思い出させるから。 私は俯いて、真っ赤になってきた顔を、髪で隠した。 『彩星、したい?』 この距離と、その空間と、部長の声が、どんどん私を追いつめていく。 受話口から聞こえる機械音は、終話を報せるワントーンに変わって。 甘くて溺れそうな波打ち際。 私の手を、部長がそっと引いて、会社を後にした。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!