21

17/31
119人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
見たことのある車が、マンションから少し離れて停まっているのが見える。 冬也も私を見つけたのか、ヘッドライトが2回チカチカと点滅した。 『ごめんね、呼び出しちゃって。』 ウィンドウを全開に下げて、冬也が顔を出した。 知っているウッディは、やっぱりあの日知った冬也の香りと一緒で。 嫌でも別れたあの日を思い出しちゃうんだ。 『……とりあえず乗って?どこかお店に入るって感じでもないし…。』 冬也の右側は、どうしてこんなに落ち着かないんだろう。 他人じゃないのに、知らない人と話しているみたいな距離は、私の中に引いた一線のせいなのかな。 ふぅーっと、吐き出された煙草の煙が、ウィンドウから夜の街へ消えていく。 『……行くの?パリ。』 『……まだ、決めてない。』 『そっか。もし行くならさ、俺が知ってる美味しい店とか教えるから。』 『うん。ありがとう。』 そんなことを言うために呼び出したの? 『でも……。』 ハンドルの横にセッティングされた車載用の灰皿に、煙草を落として蓋を閉めると、冬也が私に向き直った。 『…でも?』 その先を言わない冬也の顔は、切なそうで苦しそうで。 グイっと引き寄せられた私の視界が、冬也の向こうにあったウィンドウの外を捉えた。 『離して。……ねぇ、冬也。苦しいよ。』 『俺の方が、苦しいよ。奪うって言ったのに奪えなくて。 このままの気持ちでまた離れるなんて、耐えられないよ。』 冬也の肩が、小刻みに震えている。 『……冬也?』 星が入ったようなキラキラしたこげ茶色は、透明が溢れそうになっていて。 『彩星……行くな。』 私が、部長から欲しいと思っていた言葉は、冬也が持っていた。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!