「よっだぞー」が来るよ

6/6
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
おい、誰だ、窓開けたのは!? あの音楽が聞こえてきてるじゃないか! この患者には、あの音楽は聞かせてはダメだと言ってあっただろう!? 早く窓を閉めろ! 秋の夕暮。 近くの公園に設置されたスピーカーから流れるのは「夕焼け小焼け」。 彼女にとって自宅に侵入してきた不審者に母親を殺されてしまった記憶とセットになっている、禁忌の「童謡」。 その音楽が聞こえるたびに、閉ざされた記憶の蓋が開いて、彼女は錯乱する。 『よっだぞー』。 母親に聞かされた「お化け」は、現実世界で実体を持ち……彼女を壊してしまった。 了
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!