おまけ

7/9
2584人が本棚に入れています
本棚に追加
/493ページ
「遅いと思ってないよ。ていうか、市ノ瀬がそう思ってるだけでしょ?あと俺、長距離だし負ける気はしないよ」 「はっ。まあそうは言っても部活休んでいたからな。そんなお前に負ける気はしねーぞ」 「勝負って、なんか賭けるの?」 「賭け?」 きょとんとする。そんなことは思ってもいなかったみたいだ。だから、試したくて言ったんだ。 「市ノ瀬の大事なものでも賭けてよ」 「はあっ?お前、羽麗ちゃんは、やらねーぞ!まじで賭けたくねーぞ!」と、俺の衿元を持つと、前後に揺すった。その反応が想像通りすぎて、笑いたくなり、同時に安心した。 市ノ瀬のいちばん大事なものが、高塚だってことに。 自分と同じように思っているヤツと付き合っているのなら、文句は本当にないな。 「ああ。そっか負けるもんね。賭けてられないよね」と、わざとらしく挑発してみる。 「だから負けねーって言ってるだろ」 「言ってること矛盾してるけど。まあ、あれでいいよ」
/493ページ

最初のコメントを投稿しよう!