『妖』探偵事務所

17/17
3643人が本棚に入れています
本棚に追加
/458ページ
「ホントにお前は……妙なのにばっかり好かれるな」 再びケントが溜め息を吐き、俺の腕を掴んで自分の方へと引き寄せる。 「うわっ!」 ガクンと傾いてよろめいた俺の身体を、ケントがしっかりと抱きとめた。 「そんなんだから、お前から目を離せねぇんだ」 「あ……ごめん」 「あんまり俺に妬かせるな」 ……妬く? ケントが? 何だか妙にドキドキして抱き締められた体勢で顔だけを上げると、ケントの頬がほんのり赤くなっている。 マジで!? 「そ、そんな、俺が好きなのはケントだし……」 「豆彦より?」 豆彦にまでヤキモチを焼いたのか、そう思ったら何だか凄くケントが愛おしくて。 「豆彦よりも!」 僅かに踵を上げてケントの口唇に自分の口唇をそっと押し付けた。 確かに豆彦や犬達は大好きだけど、ケントは別格だ。 ケントの傍に居られるだけで、こんなにも幸せな気持ちになれる。 俺の幸せは、ここにあったんだ。 この『妖』探偵事務所に。 「ケント、好きだよ」 もう気持ちを押し殺す必要も無い。 込み上げる愛しい気持ちを吐き出せば、ケントも照れたように「俺も」と言ってくれて。 幸福感に浸りながらケントからのキスを受け入れた。 .
/458ページ

最初のコメントを投稿しよう!