1.朽ちた世界

2/20
1219人が本棚に入れています
本棚に追加
/332ページ
 ゾンビの朝は早い。  早朝、まだ日も登りきらないうちに僕は目を覚ました。  関節の調子は良好だ。今のところ腐敗の進行も見られない。  熱のない身体をほぐすように伸びをしながら、僕の一日は始まりを迎えた。  僕が住んでいるのはアパートの一室。  おそらく僕が人間であった頃に住んでいた場所だろう。  床板や壁紙は全て剥し、コンクリートがむき出しになった部屋。家具もほとんどなく、ぽっかりと何もない空間があるだけの場所だった。  まあそうしたのは僕自身なわけだけれど。  その話は、またいずれ。 「だいぶ蒸し暑くなってきたな」  窓を閉め切った部屋の中は独特の熱気がこもっている。  ゾンビなだけあって、多少の悪環境には耐えられる身体であるものの、こうなると別の心配が浮かび上がる。 「ああ、やっぱり……」  案の定、冷蔵庫(と言っても電気は通っていないため、ただの箱だ)の中に締まっておいた、野良犬の死骸がすっかり腐食していた。  ゾンビは生物、それも新鮮なものしか食べることが出来ないのだ。  生物であれば犬でも虫でも草でも何でも構わないのだが、“新鮮な”という条件が中々に厳しい。生きている生物を見つける機会は少ないし、死体はすぐに食べなければ腐ってしまう。  僕が捕まえたこの犬も、二週間ぶりのご馳走だったのだ。  大切に保存して少しずつ食べようと思っていたのだけれど、それが裏目に出てしまったようだ。 「こんなことなら昨日の内に、全部食べておけば良かったか……」  まあ悔やんでも仕方がない。  僕はまだ腐敗していない部分だけを食べて、残りを鞄に詰めた。これはこれで虫寄せの餌に使えるかもしれない。  身体は腐っても心までは腐らない。  僕なりの信念だった。  ふと外で窓を叩く音がした。 「スズキー! 起きているかー?」  見ると窓ガラスにへばりつくようにして、1体のゾンビがこちらの様子を伺っていた。 「おはようございます、コーポさん」 「オッス! 飯を探しに行こうぜ」  窓を開けて僕が挨拶すると、彼は陽気に手を振り返した。  このゾンビは隣部屋に住むコーポサイトウさん。ゾンビ歴2年のベテランで、僕にとっては先輩ゾンビにあたる。  面倒見の良い性格で、ゾンビになり立ての右も左も分からなかった僕に、色々教えてくれた人だ。
/332ページ

最初のコメントを投稿しよう!