第1章 夜の華

1/6
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

第1章 夜の華

愛雅 男性 185㎝ 59㎏ 白髪のストレートで両目とも赤い。 肌は驚く程白く艶やかで柔らかい。 男性のみの地下街 通称 夜の華 と 呼ばれる遊郭の花魁で 彼に酌を願うだけでも 数千万はくだらない。 夜の華以外の場所に行った事もなく 日の光を知らない。 その為か 総支配人の話を興味深く聴いている。 「わ、私は… 常夜の夢をみているのです。 囁かれる愛も…全てが幻。 でも 少しだけでいいから…消えてしまわない… そう、夢の様な…本当の愛を知りたいのです。 愛して、とは、言いません… 私だけを見ていてくださいませんか?」
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!