教授は◯◯がお好き

2/16
58人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ
市川冬真(いちかわとうま)は、買い物カゴを片手にぶら下げて大型スーパーの中をウロウロしていた。 冬真なんて男みたいな名前だが、れっきとした女だ。 「男みたいな名前で嫌だ」なんてことは今まで口に出したことはなく、寧ろ自分の名前を気に入っている。 名前の通り冬生まれなので、親も大概単純だ。 短髪で、服装もチェック柄のシャツにズボンが通常、文字通り冴えない。 周りにはもっとオシャレしろだの、スカート履けだの言われるが、そんなのは至極面倒である。 お洒落に無頓着な自分に今更スカートなんてスースーするし、気になって履けやしない。 そのせいで外見も男の子みたいだ、と言われる。
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!