召喚!!天然チート共!!!

11/26
484人が本棚に入れています
本棚に追加
/236ページ
秀一side いやーびっくりした 思ってたより強かったな(王子が) うん、1分以上持ったんだから強いよ多分 さて、次は鏡か……今日は寝る時間ないな… あ 鏡はショタ枠だから 鏡side 目の前には赤く広がるマグマ、どんなに頑丈な体でもこれなら死ねるだろう。 眼を見開き、その時を待つ。 しかしーーー 目の前に巨大な口が現れ、僕を飲み込んだ 口の中には巨大な世界が広がっていた。 空は曇っていて、薄ぼんやりとした灯りが差している 大地は荒れ果て、草木の1本も生えていない そして空気はじっとりと湿っていて、肌にまとわりつき不快感を与える。 ……魔界 それがこの世界の第1印象だった どうやら上空からのスタートらしい、出てきたところを見ると、口は閉じて消えていってしまった 地面に降り立ち、周りを見渡す。 すると遠くから羽の生えた異形の化物の群れが飛来してきた 化物達は僕の周りを囲むと様子を伺っているようだ、だがそれも長くは続かなかった 化物のうちの一頭が僕に襲いかかってきたからだ たとえ死を望んでいたとしてもこんな奴らにくれてやる命はない 僕は襲いかかってきた一頭の鳩尾に拳を埋める 化物の体は半ばから千切れ、ぼろぼろと地面に落ちた
/236ページ

最初のコメントを投稿しよう!