犯人の存在

31/40
483人が本棚に入れています
本棚に追加
/40ページ
俺様、もやし野郎、ホワイトマジックの四人での見張り。 これで敵が四方向から現れたら、やべえ。 全員がバラバラになっちまう。 ジャネットが一連の事件と関係があるなら、話は別だが……。 和也って男も確かに強いが、ジャネットよりは弱い。 ホワイトマジックのガーネットは、戦闘向けの能力を持ってなさそうだしな。 三人でジャネットを倒せるのか……? 静寂が漂う町。 誰も口を開くことなく、重い空気が漂っている。 それにしても、もやし野郎と、ホワイトマジックは何かをずっと考えているようだった……。 何か作戦があるのか? それに二人からは、戦闘を行うぜみたいな覚悟のような雰囲気が、ひしひしと伝わってくる。 既に臨戦態勢を整え終わっているみたいだ。 いつ敵が来ても大丈夫だろう。 そんなに気を張ってたら、長く持つとは考えにくいが……。 ジャネットは変わらずだ。 ただ静かに遠くを見ている。 タイミングがよかったのか、俺様がたまたま視線を向けた時、ジャネットが口を開いた。 「敵が来た」 その言葉が、さらに空気を張りつめさせる。 「東西南北の四方向から。それぞれの方角に、オオカミが50匹。ケンタウロスが20頭。ワニが10匹」 え? 俺様はジャネットが数を言い間違えたのかと思った。
/40ページ

最初のコメントを投稿しよう!