不注意

28/32
1644人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
違う 記憶をたどれば、全部覚えている 今、どうして私が七瀬の身体の上で、 唇を絡ませて 七瀬をのみ込んでいるのか 向かい合わせのまんま、私の身体に巻き付いた筋肉質な腕に力をこめて 本当に折れそうになるくらい、その窮屈さに、身体が震え上がる 「……な、ん」 「お前、って酷くされた方がいーの?」 冷たく響く声に反して、身体は熱くうねる
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!