シンパシー #2

1/35
1578人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

シンパシー #2

「そ、その話はまた後でね。早くしなきゃ、七瀬が――」 「あ、そうですよね。すみません」 「そ、そういうんじゃなくて。ね、あ……は」 笑うしか、ない。これは。 「私、――」 それでも、何か言いたそうな彼女 ……何か、これ以上 聞きたくない、私。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!