シンパシー #4

2/35
1548人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
差し出された手を、仕方なく掴むと 七瀬がゆったり私の身体を持上げるように手を引いた ――もう 恥ずかしくて、立ち上がった瞬間。 つい、無意識のうちに後部座席を見たら バチっ、と。 女性と、目があった
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!