罪の起源 第2話

僕の願いは、頬を伝う黄金色の美しい涙によって、受理された。

神月 一八

恋愛 完結 過激表現 図書券利用
10分 (5,503文字)

403 176

あらすじ

前のお話→/_novel_view?w=23172484 次のお話→/_novel_view?w=23717120

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る