あとがき

1/1
116人が本棚に入れています
本棚に追加
/200ページ

あとがき

「隠密の刻印」は忍者の末裔という陽聖が主人公のお話でしたがあまり忍者とは関係ない物語になりました。  何か読んだことのない話が書きたいなと思い考えついたんですが、忍者の話となると時代背景やら言葉遣いやら色々と大変そうだなと。で、思いついたのが忍者の末裔である陽聖(受け)とその昔仕えていた領主の七条(攻め)の話になりました。  ただ七条の人間はジーンというアメリカ人になりましたが。なんでだったかな……(笑)  とにかく陽聖とジーンが無事に日本で暮らしていけることになったので、めでたしめでたしです。    変わったお話で筆力不足もあり読みづらい面も多々あったかとは思いますが、作品を最後まで読んでくださりありがとうございました!                   藍井ノコ
/200ページ

最初のコメントを投稿しよう!