かじりつくされたリンゴⅣ

死のうと思っていた。でもこの男は私より死の淵で生きていた。

梅屋潤

25分 (14,591文字)

1 2

あらすじ

「君は物事に憤りを感じ絶望したんでしょう? 何かに期待する事が、ばかばかしいと感じたんでしょう?」 この男は闇の底から手招きした。 私を生かす為か 殺す為か それは分からない―――

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る