受賞

22時58分、僕は人を殺した

これは志田孝義という少年の、最後の夏の記録であり、最初の夏の記憶。

えんぼす

3時間49分 (137,148文字)

100 55

あらすじ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー たとえば霧や あらゆる階段の跫音のなかから、 遺言執行人が、ぼんやりと姿を現す。 ーーこれがすべての始まりである。 遠い昨日…… ぼくらは暗い酒場の椅

タグ

感想・レビュー 6

ものすごく引きこまれましたが、読後感が不思議な物語でした。 それでも一番感じだのは安堵でしょうか。そして彼らの未来がどうなるか楽しみな感じ。 物語はラノベの、とあるテンプレかと思うところから始まりま
ネタバレあり
1件2件
ものすごい迫力。 いったい何がおこっているのか。 読み直したら見えるかしら?
1件
なにをするつもりかしら。 守ることを最優先にするってことだろうとは思うけど、それぞれ分化していく本の方が面白い。 いろいろ気がかりな展開だけど…なにが起こるか気がかりのような楽しみのような。
1件
もっと見る

この作者の作品