4月:★4★ 神楽坂能楽堂 #2

1/11
160人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

4月:★4★ 神楽坂能楽堂 #2

「はい、誰にも言いません」 そう笑っていった私を、城崎さんは疑うように目を細めたが、 囃子方からお調べが奏でられたので、視線を舞台へと向けた。 空気が凛と引き締まる。 彼は、瞳をキラキラと輝かせている。 なんだか舞台より、彼を観ているだけでも十分楽しめそうだ。 そんなことを考えながら、 私は、水面を滑るようにやってきたハコビに視線を移し、 城崎がファンである梅若が出てくるのを共に待った。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!