素肌を彼に預ければ

10/23
2709人が本棚に入れています
本棚に追加
/23
でもすべてを叶えるドレスなんて、現実にはなかなか出会えない。 「申し訳ありませんがそのタイプはサテンのみになりますね」 肩を落とした私を見て、アドバイザーはマウスを操作して検索し始めた。 「一点だけあるんですが、そちらはセミオーダー品で小柄な方のサイズですね」 「セミオーダー?」 「はい。ご希望のデザインでオーダー頂き、お式の後は当店のレンタル品としてお引き受けするシステムです」 魅力的な話だけど、当然お値段も張る。聞けばレンタルより十五万円増しで、私は即座に諦めた。 ところが隣の黒木は事も無げに言った。 「それいいんじゃない?」 「えっ、もったいないですよ。一回しか着ないのに…」 「一度しか着られない訳だし、このぐらいわがまま言ったらいいのに」 そこで彼は少し声をひそめた。 「この間はケチったんだから」 それを聞いて私は首をすくめた。
/23

最初のコメントを投稿しよう!