五人目について

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ

五人目について

五人目は彩る子 艶やかであり質素な二つの顔を持つ子 愛し愛されることが好き 愛に飢えて寂しい時は私を呼んで? 私は暖炉に火を入れたい 温かいスープと防寒着を用意して 寒い冬でも包み込むような幸せを与えたい 彼女は差し出す手を待っている でも焦ったいのは嫌いみたい あの子達は私たちが満足しないように 一つになれない呪いをかけた だから私たちが思うことは いつも正反対。でも、あなたに 幸せになって欲しいという思いだけは いつも同じで持っているわ .
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!