境界線のその先へ

高校時代、彼が言ったあの言葉を思い出す。

\(^O^)/

恋愛 休載中
10分 (5,479文字)

8 9

あらすじ

『自分の色を見失わなければいつか幸せがやってくる』 相田愛実の父、画家、相田知徳の死から余年。 愛実は残された母、相田裕子と共に暮らしながら県内の進学校に通う一年生。 そんな彼女

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品