ハッピーマリッジ

7/21
2055人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ
「来ようとしてたのよ、さっき。でも春妃のお父様が」 「えっ? お父さん?」 「そう。許さなかったのよ、式が始まるまではまだうちの娘だって言って、そこの扉でシャットアウトしちゃって」 「何ソレ」 式が始まっても終わっても、娘は娘じゃないの、と呆れた声を上げた。 未だ不機嫌な父親の横顔を見ていると、不安になってくる。 これから、式が始まればヴァージンロードを一緒に歩かなければいけないし、その後は披露宴だってあるのに。 「……お父さん」 「なんだ」 ぶっきら棒な返事が来るものの、こちらを見向きもしない様子にどっと疲れを感じて、隣に立つ母親と目を合わせ二人同時に溜息をついた。 まあ、いくらなんでも。 ぶち壊したりはしないだろうけど。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!